Site icon Anime Diet

Review: May’n, “Heat”

Heat
May’n
Victor Entertainment, 2012

J-pop singer May’n, best known in the anime/manga community for being the singing voice of Macross Frontier‘s Sheryl Nome, releases her newest album “Heat” today in Japan. While two of the numbers on the disc are anime OP/EDs, and one from a new Kamen Rider drama, the other nine songs on the album are original tracks written by a bevy of lyricists and composers—including May’n herself, who wrote music and lyrics to two tracks. The songs range in genres from mid-tempo rock, piano-driven ballad, and chirpy dance music, with the one constant being May’n’s forceful melisma-laced voice on every track.

May’n’s voice in large part will determine whether one enjoys the album. At its best, it carries a sense of urgency and power that brought songs like “Don’t Be Late” and this new album’s Phi Brain OP “Brain Driver” and “Heat of the Moment” to life. It is particularly well-suited for driving dance numbers like the Aria: The Scarlet Ammo OP, “Scarlet Ballet,” or the rock-oriented original track “Get Tough.” It is less effective on songs that require some delicacy, or at least a pulling back of her melisma. She tries her best in the more ballad or mid-tempo tracks like “Kagami” and “Koi,” and partly succeeds in controlling it there, but other songs like her own “We Are” feel a bit oversung.

As for the music, while there is a variety of genres on display in “Heat,” most of them fall in territory and styles familiar to J-pop fans. Perhaps not coincidentally, the songs which are OPs and EDs feature the most creative arrangements: “Scarlet Ballet” with its pseudo-classical keyboard riff, “Brain Driver’s” fast rock and melody that befits the strange show it opens. Out of the original tracks, perhaps “Heat of the Moment” and “Kagami” have the catchiest riffs and most balanced arrangements (the former, after all, was chosen to be the lead PV). The other tracks seem more generic and conventional, the album’s second half in particular faltering before picking up again with the ballad “Koi.”

The album closes with perhaps the most unusual song in the collection, Shiro Sagisu‘s (Evangelion, Kare Kano) “Jewels.” Sagisu’s trademark use of strings fills in a bombastic, power chord heavy epic abounding with guitar fills and solos. May’n’s singing style might seem to fit such an arrangement, but the 6.5 minute track begins to wander by the song’s second half. This is not a style of music, however, that is typically broached in J-pop and while imperfect it widens the musical breadth of an otherwise fairly conventional album.

Like many pop albums, “Heat” is a mixed bag with both standout numbers and filler tracks. It necessarily lacks the singular musical vision and consistency that, say, a soundtrack by Yoko Kanno would have, but that is an unfair comparison. Unlike Maaya Sakamoto in her early career, May’n has never been simply beholden to a single composer’s vision, and with the variety of musical styles and self-written compositions, she is trying to forge her own musical direction. Whether she has found it yet remains to be seen, but there are enough strong tracks to remind listeners of her talents as a singer and performer.


See our previous May’n coverage:

Press Junket Interview, Anime Expo 2010:

Concert Excerpt, Anime Expo 2010 (M. LaMoe’s review here):

元サイト:http://animediet.net/reviews/music-concerts/review-mayn-heat

アニメ漫画コミュニティーでは『マクロスF』のシェリル・ノームの歌を担当していることで知られるJ-popシンガーのMay’nの最新アルバム『Heat』が今日日本において発売されました。アルバムからの2曲はアニメのオープニングとエンディングに使われており、またもう1曲は『仮面ライダー・ドラマ』にも使われています。そして他の9曲は多様な作詞家と作曲家によって書かれ、そしてMay’n自身も2曲の作詞作曲を担当しています。曲調は、May’nの絶え間なく圧倒するメリスマ的声をベースにミッドテンポロックのものからピアノ中心のバラードもの、甲高いダンス音楽のものまで含まれています。

May’nの声はファンがどれだけアルバムを楽しむかに大きくかかっています。一番の見所は、「Don’t Be Late」のような緊迫した雰囲気とパワーの感覚が伝わってくること、またそれがこのアルバムに収録されてるPhi Brainのオープニングの「Brain Driver」や「Heat of the Moment」に活力を与えているところです。『緋弾のアリア』のオープニングに使われてる「Scarlet Ballet」のような勢いあるダンス楽曲、またはロック調のオリジナル曲「Get Tough」がとくにぴったりです。しかし、May’nのメリスマを弱めたデリカシーが要求される曲では、その効果があまり見受けられません。ミッドテンポ調なバラードの「鏡」と「恋」に関してはベストを尽くし一定の成果は現れてますが、「WE ARE」などの他の曲はちょっと歌に力が入り過ぎのように感じられました。

音楽に関しては、『Heat』は多様なジャンルが盛りだくさんですが、ほとんどはJ-popファンに馴染み深い領域に収まったスタイルとなっています。それを意図したのかもしれませんが、アニメのテーマソングにつかわれた楽曲がもっともクリエーティブな編曲となっています:「Scarlet Ballet」に擬似クラシックのピアノ・リフ、「Brain Driver」のような速いロックに奇妙系アニメにぴったりな奇妙な旋律などです。オリジナルの楽曲からは、「Heat of the Moment」と「鏡」が最もキャッチーなリフと最もバランスのとれた編曲になっています。(事実、前者はPVの代表曲として選ばれました。)その他の楽曲は一般的でありふれたものであり、それがアルバムの後半において特にバラード調の「恋」に至るまでは顕著となっています。

このアルバムは、多分このコレクションのなかでは最も珍しいスタイルの楽曲、『エヴァンゲリオン』または『かれかの』に携わった鷺巣詩郎手がける「Jewels」で幕を下ろします。鷺巣のトレードマークはギターの爆発的かつ重圧なパワーコードとフィルとソロをふんだんに含んた大規模なストリングスにあります。May’nの歌唱スタイルはそのアレンジにぴったりのようですが、しかし6分50秒もあるこのトラックの中盤から微妙になってきます。しかし、この曲の成果は、一般的にJ-popのスタイルではなく不完全でありますが、本来ならばありがちな一般的なアルバムになっているところを、このユニークな曲によってアルバムの音楽的スペクトルを広げているところです。

これまでの多くポップアルバムのように、『Heat』は突出した楽曲と「つなぎ」の楽曲が混在した福袋です。敢えて挙げるならば菅野よう子のように一つにまとまった音楽ビジョンのような首尾一貫性に欠けますが、しかし、それは不当な比較なのでしょう。初期の坂本真綾のキャリアのようではなく、May’nはただひとりの作曲家のビジョンにしがみつくことなく、多種多様な音楽スタイルと自分で書いた作品などを通じて自分の音楽の方向性を確立しようとしています。それが達成されたかどうか未だ知れるところですが、このアルバムには彼女がシンガーでありまたはパフォーマーであることを再意識させられる強力なトラックが十分含まれていることは確かです。

Exit mobile version